2016年国内旅行先年間人気上昇エリアランキングで沖縄県が第1位

楽天トラベルが2016年国内旅行先 年間人気上昇エリアランキングを発表し、沖縄県が第一位に輝いた。ランキングは楽天トラベルの2016年1月1日(金)~2016年12月31日(土)間の国内旅行の予約人泊数をもとにしたもの。

北部(恩納・名護・本部・今帰仁)と宮古島・伊良部島エリアの上昇率が良く、夏休みの家族旅行を中心に人気となった。また、女性複数名利用が約1.7倍に急増した。

宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋の開通や、全日本空輸による羽田空港直行便が期間限定で増便、関西空港直行便の通年運行を開始などの影響もあるようだ。

2016年国内旅行先 年間人気上昇エリアランキング トップ10

1位 沖縄県 +28.8%

2位 大分県 +21.4%

3位 奈良県 +20.2%

4位 島根県 +19.9%

5位 香川県 +17.5%

6位 鳥取県 +15.9%

7位 福井県 +15.0%

8位 徳島県 +14.5%

9位 静岡県 +14.3%

10位 長崎県 +14.1%