八重山の子どもたちによる現代版組踊の映像作品のクラウドファンディングに挑戦中!

現代版組踊「オヤケアカハチ〜太陽の乱〜」は八重山諸島の子どもたち総勢80名がつくるステージです。新型コロナにより思うように活動できない中「出来ない言い訳より出来るアイディアを」と吟味を重ね、映像とステージのコラボレーションという新たな形での公演に向けて動き出し、19年という歴史の中で初めてとなる映像作品を実現するために、クラウドファンディングに初挑戦しています。

「ウイングキッズリーダーズ」は、八重山に住む小学校4年生〜高校3年生までの総勢約80名で活動を行っています。

八重山の玄関口石垣島だけではなく、他の離島からも違う学校から集まったメンバーたちが、週末の稽古で切磋琢磨。

昨今の新型コロナウイルスの影響はここ石垣島にも及び、今年度の稽古や公演が危ぶまれているなか、なんとか今年度のメンバーでひとつの作品を作りたいと、19年という歴史の中で初めてとなる「映像」を駆使した作品作りに挑戦することに決定しました。


プロジェクトURL:https://camp-fire.jp/projects/view/326442

期間:令和3年2月3日(水)まで

目標金額:350万円

目的:映像作品製作費用

リターン内容:メンバー直筆ポストカード、グッズ、公演DVD、泡盛記念ボトル、美崎牛、八重山のお土産など