沖縄県初のドームホテル「うるまドーム」が収束後に使える『みらい宿泊券』発売

沖縄県初のドームホテル「うるまドーム」が収束後に使える『みらい宿泊券』発売する。

うるまドームは2019年7月、那覇空港より車で約60分、うるま市に誕生した沖縄県初のドームホテル。世界遺産の勝連城跡まで車で10分、東洋一の長さを誇る海中道路は車まで2分という立地にあるホテル。

特徴的でユニークな外観はSNS映えすると評判になり、世界192カ国で展開している募集サイト「Airbnb」では5段階評価で4.87、2020年4月にはうるま市のふるさと納税返礼品にも選定されています。

新型コロナウイルス騒動により20組以上のご予約が一瞬でキャンセルになり、長引く営業自粛により倒産危機を迎えるなか、少し先の未来(=収束後)に安心して遊びにこられる「みらい宿泊券」の販売を開始した。

「みらい宿泊券」は、有効期限が3年間で、夏季休暇や年末年始などいつでも利用可。

ギフトとしても利用可です。

https://urumadome.base.shop